自然が心と体に良いのは何故か?

いつもありがとうございます^^

スピリチュアルアドバイザーEricoです♡

 

前回のブログでは、
反芻思考についてお届けさせて頂きました!

反芻思考とは、
クヨクヨとネガティブなことを悩みを考えて続けてしまうことでしたね。

結果的に、うつ病になってしまう方が多いということです。

反芻思考を止めることでうつ病になることも止められて、
その解決策として前回のブログで3つお伝えさせて頂きました!

 

今回は、
反芻思考を止める方法にもあった
“自然と触れあう”のが何故、心と体に良いのか?
をお伝えさせて頂きます^^



自然が心と体に良い

自然の中を歩くだけで、
心と体に良い影響があるのは前回のブログでもお伝えしましたね^^

山や川、森が近所にない方は、
公園や街路樹でもいいので歩いて見られると
一定時間でもクヨクヨと悩むことが減少します!

「一定時間だけだったら、また元に戻るんでしょ?」って思われがちですが、
一定時間でも止められれば新しい考えや思考が出てきて
新しい方向性が見つかり悩むことが減りますよ♡

「なんで自然が心と体に良いの?」
ということですよね!

 

では、
なぜ自然が心と体に良いのかをお伝えしていきます!

バイオフィリア効果の意味

自然が心と体に良いのは
バイオフィリア効果というのが関係しています。

バイオフィリア効果とは
エドワード・O.ウィルソンという方が1984年に提唱したもの。
人と自然の本質的な関係を説明するとともに、
人は自然とのつながりを求める本能的欲求があるという概念です。

要は、人は自然と触れ合うことで、
健康や幸せを得られるということでもあります!

ここ10年ぐらいで
バイオフィリア効果が関心を持たれていますが、
近年は街もビルやマンションなどが続々と立ち
都市化が進んでいますよね。

都市化に反比例して自然がどんどん減っているので
人は自然から遠のいているのがわかります。

なので

反芻思考にもなりやすい傾向にあるのは仕方ないと思っています^^;

 

ただそれだけ自然が心と体に良い影響を与えているということです!

だって、そもそも人間は自然の中で暮らしていましたし、
人間だって元は動物なので本能的に自然を求めてるんだと思います^^

 

ここ近年では、”自然欠乏障害”という病名もあるぐらいですよ^^;

自然と触れ合うことの少ない子供ほどADHDになりやすかったり
うつ病や多動症になりやすいとも言われてます。

小さな自然(お花畑とか)でも良いんです!
意識を自然に向けることに意味があります。

 

観葉植物を置く

実はある研究結果として
職場のデスクや自宅のデスクに観葉植物を置くだけでも
15%以上も良いアイデアが浮かびやすくなるというデータもあります。

小さな観葉植物を置くだけで頭痛や疲労が軽減されたり
肌の乾燥が改善されるということもわかってます!

これから寒〜い時期になり
肌荒れが気になる方は観葉植物を置いてみるのもオススメですよ^^

 

家の中に自然を置くなら観葉植物がいいですね♡
空気中の化学物質も思っている以上に綺麗になったりするようです^o^

 

ヨガやエクササイズも
室内よりも公園などの自然の多い場所で行った方が心と体に良いですよ!

ご年配の方が、
公園で早朝にラジオ体操してるのは理にかなってるんですね〜。



最後に

自然を眺めることを意識するだけで心と体に良い影響を与えてくれますので、
自然、公園や森、山で散歩したり、職場ではデスクに観葉植物を置くことで自然を眺めることができます^^

忙しい日々に追われて自然と触れ合うことを怠らないように
ぜひ自然を意識して生活してみてくださいね♪

波動も上がりますよ!!笑

今回もご覧いただきありがとうございます!

 

=============

メルマガ&LINE@もやってますので
ご興味ありましたら登録を宜しくお願い致します^^

LINE@では、Ericoに直接メッセージも送れますので
ブログの感想や質問・ご依頼などお待ちしていますね♡

【Erico 公式メールマガジン】
https://beast-ex.jp/fx14842/4

【Erico 公式LINE@】
⇨ID:@nof5073x

=============

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です